ピアノ講師の求人の現状について解説

音大のピアノ科を卒業した人は、演奏家になる道と教師になる道を選ぶ場合が多いですが、その中でも自分が専門的に勉強してきたピアノを人に教えるピアノ講師になりたいと考える人が多いです。その求人の現状はどうなっているのでしょうか。毎年多くの音大卒業の学生が出ていますが、実際にピアノを教えることで食べていける人はそれほど多くはありません。というのも、講師の仕事というのは、それほどたくさん募集がかけられる訳ではないためです。音楽教室でピアノを教えるというだけでなく、例えば保育園や幼稚園、私立の小学校や中学校などでも募集はありますが、特に学校の場合ですと、ピアノだけを教えるというよりは、音楽全般を教えることになる場合が大多数を占めていると言えるでしょう。

ピアノ講師の求人の現状について

ピアノを教える仕事というのは、一般的なOLなどの仕事とは違い、生徒と一対一で指導する場合が多いです。そのため、生徒が来るか来ないかが仕事のあるなしに直結します。自宅で教えるにしても音楽教室に雇われるにしても、自分の持ち分として与えられている時間に生徒が来てくれればそこは仕事の時間となりますが、そうでなければ空き時間となってしまい、収入は入ってきません。音楽教室で講師をする場合は、実際に教えたコマ数によって収入が得られるというパターンが多いため、正社員というよりはパートタイム的な扱いになると言えるでしょう。また、私立学校などで教える場合でも、担任を持って朝から晩まで勤めるというよりは、音楽の授業のある日に非常勤講師として勤めるという場合が多くなります。

おすすめのピアノ講師の求人の探し方

ピアノ講師として働きたいのであれば、求人サイトを利用するのが望ましいです。最近は音楽の講師などをターゲットにしたサイトもありますので、登録をしておきましょう。自分の働ける地域や時間帯にマッチした仕事があれば、メールで知らせてくれる機能などもありますので、積極的に使っていくと良いでしょう。一か所だけで食べていけるだけの収入を得るのはなかなか難しいため、ダブルワークも視野に入れて考えていくと良いでしょう。また、ピアノを教えるという立場だけでなく、例えば結婚式の披露宴などでの演奏やレストラン、パブなどでの演奏といった仕事もありますので、ピアノに関わる仕事がしたいのであれば、それらも視野に入れていきましょう。ただし、結婚式の仕事は1日限りですが、レストランでの演奏は定期的に行うことになるため、スケジュール調整が必要です。