女性に人気があるピアノ講師の求人

ピアノ講師になりたいという人は、小さい頃からピアノを学び、音楽大学を卒業した人が多いです。そのような人たちは、音楽大学に入るまでに色々なものを犠牲にしてきています。例えば、小さい頃からレッスンのために友達と遊ぶ時間を削ったり、部活に入ることをあきらめて練習に励んだ人もいるでしょう。また、音楽大学に入学するまでには多くのレッスンに通う必要があるため、多額の月謝や先生へのお礼、お中元、お歳暮などを支払ってきたことでしょう。そして、音楽大学に入ってからも多額の授業料が必要です。こうして一人前の音楽大学卒業生になるまでには、親は多額の援助をしていくこととなります。逆に親の援助が受けられなければ、どんなに音楽が好きでも音楽大学を卒業することは難しいです。

自分の好きなことを生かせる仕事

ピアノ講師になりたいという人は、ピアノが好きであることが大前提であり、ピアノの演奏が上手になることを一番の目標として練習を積んできた人であると言えるでしょう。求人自体は、大手の音楽教室や学校、保育園、幼稚園などで見つけることができます。最近は、音楽関係の求人を扱うサイトなどもありますので、そのようなところを探せば効率良く見つけることができるでしょう。ただし、最近の傾向としては、少子化が進んでいるために、実際に音楽大学を卒業した学生の数よりも求人は少なくなっている傾向にあります。そのため、基本的に狭き門であるのは事実です。その狭き門を通るためには、音楽大学を卒業した後にも自己研鑽を積んでいくことが必要となります。また、いわゆる雇われ講師以外にも自分で教室を開くという方法もあります。

ピアノ講師の最近の現状について

少子化も進んできているため、ピアノを教えたいという人よりも習いたい子供が減っており、講師一人あたりの生徒の数が減少してきている傾向にあります。ただし、最近はピアノを習いたいというのは子供ばかりとは限りません。大人から習いたいという人も以前に比べて増えており、実際大人からのピアノ教室というのもできてきている現状にあります。ピアノを教えるのは子供だけ、というのではなく、幅広い年代層に着目していくことも大切です。子供と大人のレッスンの仕方や目指すものは異なりますので、アプローチの仕方も変えなければなりません。そのための学びも必要でしょう。自宅にピアノがあれば、いつでもピアノ講師の仕事は始めることができます。結婚、出産などのターニングポイントがあっても、自宅でできる仕事という点で女性に人気があるのも頷けます。