長く働けるピアノ講師の求人の魅力

ピアノを子供の頃から学んできて音楽大学のピアノ科を出た人は、ピアニストになる人もいればピアノを教える講師になる人もいます。ピアノを教える講師として生きていくのには、資格などは特に必要ありません。ただし、大手の楽器店系列の教室に就職を考えているのであれば、指導グレードを取得しておく必要があります。しかし、自分で教室を開くのであれば、特にこうした資格がなくても可能です。ピアノ講師として働くためには、大手の楽器店が経営している音楽教室に勤めたり、個人が経営している教室に勤める方法があります。求人は毎年決まった人数を採用するという方式ではなく、講師の空きが出た場合や教室を拡張する場合など、不定期に出されることが多いです。カルチャーセンターなどが新しく開設される場合にも講師の募集が出されることがあります。

ピアノ講師は自宅でも働けるのが魅力

大手の楽器店や個人経営の教室にせよ、所属することになるのであれば、そこの方式に従って教えていかなければなりません。しかし、必ずしもどこかの団体に所属しなくてもピアノの講師を行うことができます。特に資格も必要ありませんので、自宅で教室を開くという選択肢もあります。自宅で教室を開く場合は、生徒募集などを自分で行わなければならない面倒さはありますが、生徒が支払ってくれる月謝はすべて自分のものになります。大手教室に講師として所属する場合は、講師への謝礼は生徒が支払う月謝の半分から1/3程度となります。また、大手教室の場合は学校の時間割のように指導時間が決められているため、レッスンを延長することはできません。自宅でのレッスンの場合は、時間的にも融通を利かせることが可能です。

長く続けることができるピアノ講師の仕事

女性にとっては、ピアノ講師は働きやすい職種と言えるでしょう。特に自宅で教室を開業するのであれば、時間の裁量はすべて自分にまかされています。家事や育児をしながらでも、空いた時間に生徒にピアノを教えることも可能です。自宅で指導をするのであれば、出かける必要もありませんので、小さい子供がいても働くことができます。ただし、自宅での指導は生徒が必ずしもたくさん集まるとは限りません。そのため、それだけで食べていくにはなかなか大変な一面もあります。そのため、講師の求人を探している人も実はたくさんいます。大手教室やカルチャー教室などで求人募集がかけられるのを待っている人も多いです。大手教室の場合も、決まった曜日に出向いて指導をする場合が多いため、アルバイト的な働き方になることが多いです。